男性

一時しのぎじゃないハチ退治をしてくれる業者の技

家屋の軒先等の留意点

婦人

家屋の軒先や天井裏などに蜂の巣を見つけましたら、駆除することが必要となります。その場合、経験のない一般人での作業は、危険を伴うだけでなく、抜本的な対策とならない場合があります。なので、専門業者に蜂の巣駆除を依頼しましょう。そうすれば、蜂の被害に怯えることなく安全な生活が遅れます。

詳細を読む

夏までにできる対策

作業員

蜂の多くは4月頃から活動を始め、巣を作ります。初期の頃でしたら、巣も小さく対処しやすいので、駆除するのであれば、早めに発見することが大切です。そのために、巣をつくりやすい場所のチェックや、忌避剤によって巣を作らせないなどの対策をしておくことが重要です。

詳細を読む

安全に対応する為に

困るウーマン

自宅でハチの巣を見つけたら、速やかにハチ駆除を行いましょう。大事なことは、ハチに刺されないように防護服などを用意してから行う事です。また、あらかじめハチの巣の下に大きなゴミ袋や新聞紙を設置しておけば、落とした後の巣を素早く綺麗に除去する事が出来ます。

詳細を読む

安全な方法で

男の人

動きを封じてから

ハチの中には、クマバチやスズメバチのように、体が2センチ以上と大きなものもいます。これらのハチは体が大きい分、羽音も大きく、さらに攻撃力も高めとなっています。したがって、生活エリア内でよく見かけるようになった場合には、駆除業者に退治を依頼する必要があります。駆除業者は、まずは巣の場所を確認し、そこにハチの動きを封じる殺虫剤を散布します。これにより攻撃してこなくなるので、その場所から安全に巣を撤去できるようになります。もちろん、ハチが巣から逃げ出して飛び回ることもないので、駆除業者による退治は、周辺住民にとっても安全と言えます。さらに、巣があった場所には忌避剤が塗布されるので、それにより戻りバチによる被害も起こりにくくなります。

巣の拡大前に

作られてから間もない巣はまだ小さく、その分中にいるハチも少なめとなっています。そのためこの段階では、個人でも退治することが可能です。具体的には、まずは女王バチが4月頃に単独での巣作りを開始します。その後女王バチは産卵するのですが、卵が成虫になると、その働きにより巣が拡大していくことになります。これが6月頃のことなので、4〜5月頃なら個人での退治ができるのです。逆に言えば、6月を過ぎ、巣の大きさが15センチ以上になってくると、駆除業者への依頼が必要になるということです。個人で退治する場合も、基本的にはハチの動きを封じる殺虫剤を使用します。散布して十分に弱らせておき、後日ハチが全滅していることを確認してから、巣を撤去するのです。