夏までにできる対策|一時しのぎじゃないハチ退治をしてくれる業者の技
作業者

一時しのぎじゃないハチ退治をしてくれる業者の技

夏までにできる対策

作業員

巣の小さいうちに対処する

蜂に刺される被害の多い、スズメバチやアシナガバチは4月あたりから活動を始めます。最初は女王蜂1匹で巣を作りますので、まだ蜂の数が少ない内でしたら、個人で駆除することも可能です。したがって、この時期に蜂を見かけたら、どこに行くか観察してみるのも有効な手段です。アシナガバチでしたら、開放空間に巣を作りますので、高所などでなければ対処できます。ただし、キイロスズメバチなどは、家の天井裏などに巣を作りますので、個人では対処が難しいことも多いです。もし、屋根の隙間などに何度も出入りするようでしたら、自治体や駆除業者に相談しておくほうが安心です。個人で行なう場合は、駆除中に刺されるケースも多いですので、十分注意して行いましょう。

巣を作らせない

蜂が巣を作る場所は、蜂の種類によって傾向があります。そこで、家で巣を作られやすい場所をチェックしておけば、早めに巣を駆除するのに役立ちます。さらに、巣を作られやすい物を片付けたりすることで、巣を作ることを防止することもできます。巣を作る4月以降は、使っていない戸袋や物置などがあれば、時々チェックしておいたほうが安心です。また、放置されたプランターや木材などにも巣を作ることがありますので、できるだけ除去しておきましょう。エアコンの室外機の裏など、人の目の届かない場所があれば、いつの間にか巣ができていることも多いです。蜂用のスプレータイプの忌避剤もありますので、巣が作られそうな場所などにスプレーしておくのも有効です。